Sunrise Sunshine

2008年ツアー覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブの中身の話をする前に。

大阪3日目もそろそろ無事終わって
また幸せに満ちた人たちがドームを後にしているころでしょうか。

結局きょう一日気づけばぐるぐる昨日のライブのこと考えてました。

なんだろうなあ
下手な小細工も何もなしに
(それは小細工している時間がなかっただけかもしれないけれども)
ただただ5人がひとかたまりになって
それこそ億千の目に見えないものを放出し続けるのを
そのまま全身に浴び続けてた3時間半だったような気がします。

何年か前に感じていたひとりひとり、なところがなくて
最初から最後までほんとにずっと5人ひとかたまりだったよなあ。
それはソロの部分も含めてひとりひとりがバラバラな印象になることなく
どの瞬間もずっとひとつの大きないわば''SMAP''の中にあるものとして感じられたというのか。
その分届く光の色や速さや形が単純でストレートで
どちらかというとチカラ技でぐいぐい押しっぱなしだった気がします。
誰かや何かに迎合することなくこれがSMAPなんだっていうことを
力いっぱい、でも心から楽しみながら見せつけてくれたライブでした。

というわけで満腹といいますかもうすっかり満足しきってるのですが
自分の感じたままを先に書かないとほかの人のネタばれを読むことができないので
昨日の顛末をさっさと書いて思いっきりネタばれ見に行こうっと。(笑)

甘くてふわふわの混沌の中。

今回のコンサートは情報量が多いとでもいうのか
持ちきれないほどどっさりとおみやげもらって
持たしてもらったそのままごちゃっと積み上げたままで
でもまあ今はそのごちゃごちゃした中でそれをながめて楽しんでる感じです。

からだは疲れてましたが脳みそは興奮してたというのか
整理できないものでいっぱいになってたのか
頭の中一晩中ぐるぐるして全然ちゃんと寝た気がしないので
よけいにごちゃごちゃしてるし。(笑)

なので少しずつ出てくるものを出てくるまま書きとめつつ
整理していけたらなあと思っております。
それまでは昨日行った人の話は聞けないと思いますので
全く違うことになってるかもしれません。(笑)

アップできる日が来ることを祈りつつ。(笑)

たらいま。

一夜の夢から帰ってまいりました。

今回参加しての教訓。
足腰鍛えてこないとダメ!(1年のブランクは大きかった)
というのと
おにぎりは先に買っとかないと
食べたい時にはすでに売り切れてる!
でした。笑

中身についてはまた明日以降に。


とりあえずはくたびれてるのでとっとと寝ます。
おやスマなさ~い。

そわそわ。

さ、とうとうSMAPさんたちが大阪に向かってやってきますよ。
ああ落ち着かない。
今朝なんかいつもより1時間も早くパチッと目が覚めちゃいましたよ。
うれしいのか。うれしすぎるのか、わたし。(笑)
行くの明日なのに。
その分体力落ちたら本末転倒じゃないかい。

ああ始まっちゃう。
どうしよう。
いやどうもしなくても始まるんだけども。
でもどうしよう。(笑)

小さな心配。

8日に阪神巨人の直接対決って
N氏もわたしも気もそぞろになりませんように。(笑)
彼がコンサート中に結果を発表しませんように。
(絶対ウラで見てはるに決まってるからね。笑)

彼はすみからすみまで大好きですけれども
どれだけあなたが巨人ファンでも阪神ファンだけは譲れませんよ。

100台分の幸せが届く。

あいにくの雨の一日でしたが
京セラドームにはもう機材などは到着したのでしょうか。

いや、ワイドショーでトラック100台分のセットって聞いたもんで
100台のトラックが京セラドーム向けて列をなしてやってくるのを想像すると
テンションあがって笑えてくるなあと思って。

SMAPのコンサートってSMAPさんに会えるのがほんとに楽しみなんだけど
そのために働くたくさんの人たちがその舞台を支えているのが
さらに心地いい空間を作り上げてるんだよなあと思うと
そのひとりひとりの工程のすべてがとても愛おしく感じられます。

その何百人のすべての愛が注がれてできた大きなキラキラした結晶が
きっと3日後に見るSMAPなんだろな。
って、え?3日後?ほんとに?
いっぺんに心臓がバクバクしてくる~。

あと4日。

無事チケットも全部行く人の手に渡り
当日行く時間とかも相談したり、髪を切ってきたり
着々と8日に向かってすすんでおります。
仕事休めなくて遅れて行くわといってた友人も
ここへきて代わってくれる人がいて一緒に行けるようになったり
東京へ行ってきた近所の友人にいろんな様子を聞いたり
(まあとりあえず5人がほんとに楽しそうなのが印象的だったそうで
 それはほんとにこれから行くわたしにとってもいちばんうれしい情報だったです)
どんどん浮かれていく一方のここ数日。(笑)

気持ちは浮かれておりますので
基本いつもより3割り増しくらい何もなくても機嫌がいいのですが
ここへきてなんだか仕事が山積みになってきて
胃が痛いというのか下痢しそうというのか(笑)
これもコンサートに行くための試練なのね、と思いつつ
ついつい頭の中にアルバム曲が流れてきてほわ~んとしてるという
魔の一日を昨日も過ごしてまいりました。
いや同僚も8日がすむまで使いもんにならんな、と
生暖かい目で見てくれてますが。(笑)


ここにはコンサート関連のことしか書かないつもりですが
昨日のいいともで「ボクのソロ曲」を歌ってる人が
あまりにかわいらしかったことはここに記録しておきます。
あ、じゃにうぇぶの写真を見て
彼が使ったものにはいつも魂が宿るのだな、と思ったことも。


ああ3時間半がものすご楽しみで
早くそこにたどり着きたいような、たどり着いたらもったいないような。

耳になじんできたところで。

アルバムの聴いただけの感想を。
やっと題名見ただけでどんな歌かわかるようになってきましたので。(笑)

SMAPの歌は歌って踊って見せて完成形と思ってるので
今回もアルバム聴いただけなら6割から7割程度かなあ。
もちろんライブでは120%になってることと思いますが。

今回はほんとにバラエティに富んでいて
いくらでも聴いてられます。
というか今はもうずっとずっと聴き続けていたくて
でもそういうわけにはいかないので禁断症状が出る感じです。
ずっと毎日イヤホンで聴いてたのでか何もない時も右耳がぼこぼこゆうようになったので
ちょっと自粛中ですが。(笑)

#1
01 Theme of 019 super.modern.artistic.performance
かっこええ。

02 この瞬間(とき)、きっと夢じゃない
この曲を聴くと「満ち足りる」という言葉が思い浮かびます。

03 Jazz
2年前にゴロさんの投げた物がこうやってSMAPにフィードバックされているのが
SMAPの底力を感じさせる気もする。

04 Love loser
楽しそうに気持ちよさそうに歌うSMAPが目に浮かぶなあ。

05 あなたのためにできること
大きくやわらかく包み込まれていくような歌。
04との落差の大きさでさらにお互いを引き立ててる感じ。

06 Keep on
「SMAP」をひとつの曲で表してみると、みたいな歌。
それぞれがそれぞれらしく、それでいてひとつにまとまっていて。

07 Mermaid
出だしのアレンジがとても好きな感じ。
去年数えきれないくらい繰り返し見たのでもはや踊れる気さえする。(気がするだけ。笑)

08 ひとつだけの愛~アベ・マリア
物語、を感じさせてどうやって見せるのかきっと見せる方も楽しみだっただろうなと思わせる。

09 はじまりのうた
とてもSMAPらしい歌だなあ。
いろんな歌でひとりじゃないよ、そのままでいいよ、ってしつこいくらい伝えてくれる人たち。

10 ココロパズルリズム
ほらたくさんのピース、ってとこがブログタイトルにしたいくらい好き。

11 そのまま
いつどこで聴いても春のやわらかな日差しの中にいる気持ちになる。

12 Last Smile
こういう歌を歌うときの落ち着きというのか広がりというのは
やっぱり30過ぎてもアイドル、だからこそ持てたものだろうなあ。

13 Still U
この曲歌うときの力の抜け加減というか軽さの出し具合とかもきっとそうじゃないかな。

14 どうか届きますように
5人で歌ってるからこその歌割りがとても好き。

#2
01 宮下がつくったうた
イヤホンで聴いてるととても刺激的な声。(笑)
ここでもくりかえしひとりじゃないよ、と言ってくれてます。

02 Style
ラフさ加減がとても木村さんぽい。 歌ってる顔が浮かんでくる感じ。

03 Life Walker
バートバカラックって名まえは聞いたことあるけどよく存じ上げないのですが
それでもその名まえの響きだけでとてもゴロさんに合ってる気がする。(笑)

04 ソウデス!
かわいらしすぎる。(笑)

05 Here Is Your Hit
すっかりブラックアイドピーズ。


いつもはソロはそれぞれ結構実験的な要素もあって
何が出てくるかお楽しみみたいなとこがあるけど
今年は本編がかなりいろんなのが入ってるので
ソロアルバムならではの個性みたいなのは薄くなってるかも。
いわばソロのどの歌も5人で歌ってもアリ、みたいな感じ。

逆に言うと本編の方から振り幅が大きくて、その中で5人の個性が際立っているというのか。
同じフレーズでも誰か一人が歌っている、二人で歌っている、5人で歌っている
それだけで歌がどんどん別の表情を見せていて
SMAPらしさがくっきりしてて
その中で5人の個性が自在に輝いていてお互いを輝かせ合ってて
1曲ずつが持つそれぞれの宇宙が少しずつ重なり合ってさらに大きな宇宙になってるような
ああもう何を言いたいのかわからなくなってきましたが
ちょっと今までとは違うアプローチなのかなと思います。
だからこそ何度聴いても何度でも聴きたくなるのかなと思うと
2年待たせただけのことはある、ともいえるかもしれない。

ライブでこの歌たちがいったい何%まで化けるつもりなのかとても楽しみです。

いよいよ来週。

東京6日間が無事終わったようです。
ネタばれを読ませていただくと細かいいろいろはあったようですが、まあ概ね。(笑)
ビデオも早々に撮ってしまったようで
今年のライブはそれだけ最初からもうちゃんとした完成形という自信があるのか
なにか12月に発売しないといけない事情があるのか
まあそれはあちらのことなのでよくわかりませんが
でも何も見てないうちからライブビデオがもうすでに楽しみです。
実際に参加するのと作品として残っているビデオで見るのとは別物、という気持ちもあって。

そんなこんなですでにあと1週間で大阪に来ちゃいますよ。
わたしが参加するのは8日、正面スタンド真ん中あたりに決まりましたし
(実は友人の当てた9日と行くメンバーの仕事とかの兼ね合いで
 なかなかどっちに行くか決まらなかったのよ)
あとはその時まで何もありませんように
心の底から楽しい時間を過ごせますように。
にんにん。じゃなくてのんのん。(すでに浮かれすぎ。笑)

招待状。

届きました、大阪のチケット。

ご存知の方はご存知の定点観測員の仕事が今年もやってきました。
なんでなんでしょうか、延々同じような席が
それもいつも一緒に行く友人ともども毎回送られてくるんですけども。
(ふたりでそれぞれファンクラブに入ってチケット取り出したのは2002年からですが)

だいたいステージ真正面のスタンド下段の真ん中の通路より数段上
これ前も座った席じゃないのかなあ、というようなのが。
抽選システムになんかクセがあるんでしょうかねえ。
いやそのかわりはずれませんよ、友人ともども。
さいわい落選のアナウンスを聞いたこともなく
ほぼ第1希望で毎回行けてますのでありがたいといえばありがたいのですが。
前回はちょっと違うのが来たのでそこに行ってみたので(見切れ席間際)
今年はまた定点観測員をまじめにつとめてこようと思います。(笑)

いつかはアリーナとは言いません、スタンドのもうちょっと前の方に行けるといいなあ
と夢を抱きつつ。
いよいよ浮かれてまいりました。

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。