Sunrise Sunshine

2008年ツアー覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMAP。

ライブDVDのことを書こうと思いつつ
何を書いたらいいかなあとなかなか書けずにおりまして。
届いたときに一度見たきりやったのでかなあと思って
やっと時間できたので6時間近くかかって通して見てみましたが。
やっぱりなんらライブについてのまとまったことが書けそうにもありませんので(笑)
とりあえず思いついたことをたらたらと書き連ねて記録しておくことにしました。
のでいつもにもましてなにも有用なことはありません。
無駄なおしゃべりにつきあうのも別に嫌いやないよ、という方はおつきあいくださいませ。

書けないとは言ってはおりますが
もちろんSMAPかっこいいし、キラキラしてるし、楽しいし
泣いててよければ全編泣きながら見ることもできそうなくらい
心の奥底までふるえるような
ほんとにいいライブでしたし
なによりそのクオリティの高さ確かさには
家の画面で冷静に見てもあらためて驚かされるものがありました。
というのをふまえつつ思いつくままに。


・SMAPのライブで好きなもの。
特効。ポップアップ。バク転。客電の落ちる瞬間。
細かいとこまでこだわった上等そうな生地でできた衣装。
じゃらじゃらとついてるアクセサリーの数々。
ずっとお揃いで、だけどちょっとずつデザインが違う、贅沢なとこ。
広がりを感じさせるフォーメーション。
何しろ5人が踊っているとこ。
振る手。蹴り上げる足。光って飛び散る汗。
はじめからおわりまで全力を出し続けてるとこ。
メンバー同士で一瞬目を合わせて笑うとこ。こちょこちょってしゃべるとこ。
ちゃんとしたバンドが演奏しててちゃんとしたダンサーがいっぱい踊っているとこ。
わたしたちをすみずみまで楽しいで埋め尽くそうとして
いつもおもちゃ箱みたいにいろんなものを雑多にぎゅうぎゅうとつめこんで
はみ出るほど盛りだくさんにしちゃってるとこ。
そしてそれを思いっきり惜しげもなくぶっちゃけてるとこ。
メンバーだけじゃなくかかわっているすべての人たちが楽しそうなとこ。
中居と剛の言い争い。(笑)

・この人たちのトークは天下一品やと思うのはファンの欲目なんかなあ。
何回同じ話聞いても笑ろてまうんやけど。

・しんごたんがどこかで言ってた
「時間ない中だったけどSMAPさすが。さくさくできあがっていった」
断片を見れたね。
SMAPってプロやなあとほれぼれする。

・スマスマで見た福岡に比べてかなり緊張感が高い感じやったですね。

― 「あそび」の部分がこれから増えていくのかと思うと
原形を記録したかったのかなとも思えるけど。
もっと肌になじんで彼らのものになったあとのライブも残してくれたらうれしいよなあ
とも思ったり。

・SMAP様の部屋の入り口から見えてた冷蔵庫がうちのとおそろい。
(色違いやけど。あの色欲しかったのにもう売り切れてたのよ。て全くいらない情報。笑)

・草なぎさんのテンションの振れ幅が大きすぎる。笑

― 楽屋入りしてきたときのほわほわしたとこからは
まさかあんなに暴走するとは思えない。

・SMAPといるときのしんごたんはもうずっとずっと可愛いばっかり。

― 楽屋入りしてきた杖ついたしんごたんにはちょっと萌えた。
手負いの男前好きなので。笑

・しんごとつよしはいつも自分を「しんご」「つよし」って名乗ってるのが可愛い。
木村さんのふつうにゴロちゃん呼びもかわいい。

・木村さんはいつもどんな時も機嫌が良くてええですねえ。

― つけキバが欲しい話をいつもの調子でしてる木村さんと
それをあのテンションで聞いてる草なぎさん。
あれで成立してるなんてなんか長いつきあいなんやなあと感心しました。

・ジャージ姿のゴロさんのスタイルの良さよ。

・ぼくの方が絶対楽しい、のがうれしい。

・ピアノわたしが聴いた時より上手やった。なんでやねん。笑

・楽譜見ないで弾いてるのが逆にびっくり。

― いやピアノについて
この人いろんなことができるようにならはるけど
それはやればできる人やからやなくて
できるまでやる人やからなんやろなあ、とそれが習い性となっているその人生を思うとき
その誰もが到達できるわけではない濃さや深さがわたしを惹きつけるのやろな
なんてことを考えてたり。

・ココロパズルリズムの木村さんが子どもの遊びにつきあうお兄ちゃんみたいやった。
まあ本人も思いきり楽しむ型のお兄ちゃんやけど。

・全体的になるべく5人がステージにいようとしてくれてる構成がうれしいなあ。

・アヴェマリアはモチーフになってる元歌の持つ圧倒的な力を感じるよなあ。
そしてその力に負かされることなく精一杯の力で歌いきるSMAPの男前っぷり。

― 歌について
SMAPの歌を聴くたびに、下手や、もっと練習したらええのに、
などという意見も耳に入ってくるわけですが。
あんなに何に対しても全力でできるまでやる人たちが
歌に対してだけこれでええわ、と思ってるわけないと思うんですね。
ほかのことと同じように努力してると思うしできないことは歯がゆいと思う。
歌上手になれゆうのは背の低い人にもっと背を伸ばせゆうてるのと同じ
やないのかなあと思ったり。

・ライブビデオで好きなもの。
最後のスタッフロール。


あはは。それにしてもまとまりのなさすぎることになってしまいました。
せめて本編とバックステージくらいわけろよってゆう。笑

なにはともあれ今年もまったくおんなじのをやってくれてもええよ、なくらい
好きなライブでした。
もう一回生で見たい気持ちにさせられたゆうのか。
もうこれからは使い捨てみたいに次々新しいのを作っていくだけやなくて
残していくものも作っていってもええやんなあ。


ライブDVDをじっくり観たり
彼らのいろんなとこでの発言を見聞きする機会も多い年末年始でしたが
何年にもわたって個人での活動も活発に行ってきた結果
中居正広として、木村拓哉として
稲垣吾郎として、草なぎ剛として、香取慎吾として
それぞれの目標ややりたいこと、方向性がはっきりと見えて確立されてきているとしたら
SMAPというグループとしてこれからどうしていきたいっていうのも
くっきりと彼らの中にふくらんできているんやないのかな
今までとはまた違うSMAPに対しての気持ちというか思いというか決意とでもいうのかが
5人の中に生まれ育ちつつあるのかな
となんとなく期待に胸ふくらむ感じもあり
ますます今まで誰も踏み込んだことのないところに向かっていく
無限の可能性を感じられる年明けな気がします。

さあ。
今年はどんなSMAPをグループとしてのSMAPを見せてもらえるのか
わくわくできる幸せをかみしめつつ
楽しみに待つことにいたしましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。