Sunrise Sunshine

2008年ツアー覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブの中身の話をする前に。

大阪3日目もそろそろ無事終わって
また幸せに満ちた人たちがドームを後にしているころでしょうか。

結局きょう一日気づけばぐるぐる昨日のライブのこと考えてました。

なんだろうなあ
下手な小細工も何もなしに
(それは小細工している時間がなかっただけかもしれないけれども)
ただただ5人がひとかたまりになって
それこそ億千の目に見えないものを放出し続けるのを
そのまま全身に浴び続けてた3時間半だったような気がします。

何年か前に感じていたひとりひとり、なところがなくて
最初から最後までほんとにずっと5人ひとかたまりだったよなあ。
それはソロの部分も含めてひとりひとりがバラバラな印象になることなく
どの瞬間もずっとひとつの大きないわば''SMAP''の中にあるものとして感じられたというのか。
その分届く光の色や速さや形が単純でストレートで
どちらかというとチカラ技でぐいぐい押しっぱなしだった気がします。
誰かや何かに迎合することなくこれがSMAPなんだっていうことを
力いっぱい、でも心から楽しみながら見せつけてくれたライブでした。

というわけで満腹といいますかもうすっかり満足しきってるのですが
自分の感じたままを先に書かないとほかの人のネタばれを読むことができないので
昨日の顛末をさっさと書いて思いっきりネタばれ見に行こうっと。(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。